転職者必見!「最後に何かありますか?」への答え方 ||

転職の成功方法

↑ページの先頭へ
枠上

転職者必見!「最後に何かありますか?」への答え方

転職をする時に待っている面接はどのように答えたら良いのでしょう。いろいろな回答例を考えて悩むますよね。

どうしても受かりたいものですから皆同じです。さて、面接では多くの場合は「最後に何か質問がありますか?」と尋ねられます。ここでは誰もが聞かれる可能性が高いこの質問に対しての、答え方で気を付けておきたい事について解説します。

 「最後に何か質問がありますか?」という質問は一通り質疑応答が終わると出てきます。

「最後に何か言いたい事は?」などバリエーションはありますが、いうなれば面接終了を告げる決まり文句と考えてかまいません。

会議の終了の時にリーダーがよく言う「今日のテーマは以上ですが、他に何か質問ありますか?」というのと同じと考えてください。

ここで注意したいのは何か質問しないと入社に意欲があるのか、と疑われるという説が広まっている事です。

面接担当者からしたらそうした説がある事は分かりきったうえで、応募者の社会人としての成熟度をチェックしている場合があります。

やはり、必要度が低い質問をしたところで、評価が高くなる可能性は低く、尋ねる内容によっては逆に評価を下げる事もあります。

逆にここにいたって基本的な仕事内容などを尋ねようものなら、それまでの質疑応答はなんだったのか、と思われても仕方ありません。

待遇の細部など既に話した内容について蒸し返したりするような質問をしては、その事にすごくこだわっている応募者だと相手は感じる事になります。

また、何かインパクトを残したくて面接担当者に自社の良い点・悪い点を挙げてもらうなど奇をてらった質問を繰り出し、それまでの良い印象を自分で台無しにする人もいます。

不要な質問で落とし穴にはまる事が無いように注意しましょう。

もしも、聞き漏らしたことがあるなら聞いてもかまいませんが、それでなくても面接最後の応募者の発言は、総括イメージになりますから面接担当者の印象に残りやすいのです。

表現には注意をしてくれぐれも慎重に尋ねるように心掛けてください。転職を成功させたいなら面接で好印象を残さないといけません。

しかし、ここで説明したように特別な事ではなくて、少しの心がけで失敗は減らせるものです。ここに挙げた事を頭に入れておいてから面接に挑みましょう。

枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2016 転職の成功方法 All rights reserved.