転職エージェントに任せきりというのもよくありません ||

転職の成功方法

↑ページの先頭へ
枠上

転職エージェントに任せきりというのもよくありません

転職をしよう!と思い立ってもどうしたらいいか分からないことが多いと思います。

自分は何をしたいのだろうか?今までの経験は活かすことができるのか?資格を取得する方がいいのか?など悩みはつきません。

私もまず初めに何をしていいか分からず、とりあえず就職フェアに出席していました。

何となく興味があるブースを訪問し話を聞くのですが、自分が何をしたいのか分かっていないため次のステップに進むことはありませんでした。

数ヶ月間これの繰り返しです。さすがにこれではダメだと思い、転職エージェントに登録してみました。話を聞きに行った所、対応はまちまちでした。

目を引く経歴、スキルがないためか会社を紹介さえしてくれないこともありました。親身になってくれた会社もありましたが、「紹介した案件に早く応募するように」というプレッシャーをひしひしと感じました。

一度、オススメということで応募をして面接に進みましたが、話をしてみて「ちょっと違うな」と感じたため辞退をすることにしました。

しかし、転職エージェントの担当者は「辞退なんてとんでもない!」と非常にご立腹でした。

このようなことがあって以来、転職エージェントの担当を信用することが出来なくなりました。

しかし、私の方にも非がありました。あまり深く考えず、転職エージェントの人任せにしていたのです。そこで一度立ち止まり、きちんと考えてみることにしました。

自分の性格などをきちんと理解してくれている友人に相談しました。友人なのでリラックスして包み隠さず話すことが出来ます。

アウトプットをすることで頭の中が整理出来ました。友人は転職エージェントの人ではないので、私の話を聞くことで利害は発生しません。そのため率直な意見を言ってくれます。

結果、転職において自分の中での優先順位が分かりました。

したいこと、できること、優先順位が明確になると、転職エージェントから紹介される案件が自分に合っているのか判別することが出来ます。

今まで受動であった会社選びが能動的になりました。

応募する会社を選ぶことで、気になった所だけに集中して取り組むことが出来、いい結果を生みます。

転職する際にプロである転職エージェントに手伝ってもらうことはもちろん有益なことですが、担当者はあなたのことを知りません。

自分のことを何年も知っている人に相談し、方向性や優先順位を明確にしてからプロに相談しても遅くないと思います。

枠下 枠上 枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2016 転職の成功方法 All rights reserved.